少額でもクレジットカード現金化をしたほうがいいのか

少額でもクレジットカード現金化をしたほうがいいのか はコメントを受け付けていません。

クレジットカード現金化はとても便利ですが、少額でも現金化を利用したほうがいいのでしょうか。
少額の場合にはもしかすると損をすることもありますので考えてみましょう。
■クレジットカードのキャッシングの金利
クレジットカードで元々設定されているキャッシングの金利についてですが、それぞれの業者によっても違いがありますが、だいたい相場としては、17%前後となっています。キャッシングを利用してお金をかす側でも法律がありますので、その法定金利でかさなければいけないことになっているのです。法定金利以外で貸すことは、違反になります。闇金や街金などは法定金利以外での貸付となるでしょう。10万円未満で貸し出す場合には限度額は20%です。10万円から100万円未満の場合には上限金利が18%となっています。100万円以上の貸出の場合には上限は15%となっています。消費者金融においては銀行や郵便局よりも金利が高くて19%程度です。一般的な消費者金融では18%の金利はかかると知っておきましょう。
■クレジットカードの還元率
では少額の場合はキャッシングよりもクレジットカードを利用することで損をするのではないかと思った人もいるかもしれません。しかし現金化は還元率があり、キャッシュバックみたいな仕組みがあります。そのお店で使えるポイントがいくらかキャッシュバックされるという仕組みです。クレジットカード現金化は店舗型の業者で68%、ホームページのみの運営で最低80パーセント程度の還元率で展開しているところが多いでしょう。優良クレジットカード現金化業者においてはキャンペーンが実施されていることもあるので、ホームページからの申し込みで還元率が高まることもあります。利用金額によってその還元率も違ってくるかと思いますので、利用前に必ずチェックしておくことをおすすめします。
場合によっては少額の場合には普通にキャッシングを利用していた方がお得ということもありますから、自分が利用したい金額の場合はいくらキャッシュバックされるのかチェックしておきましょう。

クレジットカード現金化限度額とは?

クレジットカード現金化をこれから利用する人にとっていくらくらい利用できるのか気になります。
いわゆる借金の場合には限度額と言われている金額はいくらなのでしょうか。
■人によって違いがある
限度額はいくらまでクレジットカード現金化が可能であるかという金額になります。実はこの金額は人によって違いがあるのです。その理由はクレジットカードは作る時点で審査を受けています。個人情報を問い合わせしてその人に現在どれくらい借金があるのか、既に返済しているのか、それとも滞納しているのかなどを、調べる個人情報信用機関への問い合わせ後に、審査が通ればクレジットカードを作ることが出来ることになるのです。そのためにクレジットカードを作った時点で既に審査を受けているということになります。
■限度額は年収によって違う
そして限度額については年収によっても違いがあります。それぞれ年収に違いがあるかと思うのですが、その年収によって借入額が変わるようにクレジットカードも限度額は違ってきます。そしてクレジットカードにある限度額の中のショッピング枠の限度額がクレジットカード現金化限度額ということになるでしょう。
■1回の限度は店によって違う
そしてたとえショッピング枠が100万円残っていたとしても、全てを一度に現金化できるとも限りません。1度にできる金額はそれぞれの運営会社によっても違いがあるのです。例えば、10万円の商品が一番高額だということもあれば、足がつかないように1万円ずつしか利用できないというケースもあるのです。ですから、一概にいくらとはいえないのが現状です。一度利用前に情報収集としていくらまで利用できるのかということを調べてみるといいのかもしれませんね。きちんと調べた上で利用しなければ、自分が利用したい金額を口座に振り込んでもらうことができないかもしれません。
限度額がいくらなのか、それは人によって違いがあり、借り入れ同様に年収などによって決められています。

[PR]あんしんクレジットで簡単にクレジットカード現金化♪